『マスターキーワード』
を手にした方限定のご案内

キーワード対策だけでは足りない!
検索市場からのアクセスに繋がる ブログ記事作成のキモをお伝えします!

キーワード×画像×リサーチ

 

 

【 特別価格のご案内 】

 

検索市場からの集客を実現するために
短期で勝負ができる記事の質の上げ方について
詳細に語った動画講座を特別価格で提供します!!

 

アフターコロナに備えて無料集客を実現するために
良質な記事の作成法を今すぐ学んでください!

 

マスターブログコンテンツ

 

以下は、本動画講座
内容の一部です

 

  • 記事作成の3つポイント
  • タイトルや見出しに入れるべきキーワードとは?
  • 記事を書きだす前にやるべきメディアの●●
  • コンセプトをたった1つに絞る理由とは?
  • 画像は視覚的な要素だけにあらず。対策するべき2つのポイント
  • Googleのアップデートから分かる記事の最適化法
  • 頭の中を●●するだけで稼ぐことができる市場の見方
  • コンセプトをたった1つに絞る理由とは?
  • 検索意図に含まれるニーズに100%回答する意味
  • 3つの画像タイプの使い分け方とは?
  • 対策キーワードの中でも意外な●●キーワードを活用する理由

 

これ以外にも貴重な内容を
特別価格でお届けします!

 

少し私の話をさせてください

 

ある時、私はパソコンの画面を見ながらつぶやいてました。

 

もう限界やな。やっても意味がないかも。。。

 

とある講座でインターネット集客を学んで実践していたわけですが半年経っても成果は上がってませんでした。

 

当時、私がやったことは

 

・毎日ブログを更新する

・1記事800文字以上を目安にする

・たくさんのサテライトブログも作成してリンクを張る

 

これだけのことをやってるんだから絶対に上手くいく。。。

 

でも、思うような成果は得られませんでした。いつかはたくさんのアクセスが集まって、お問い合わせが増えて、商談が成立する。そんな希望を抱いていたわけですが残念ながら希望が叶う前に私の心が折れてしまったのです。

 

一旦、ブログの更新をストップし

「 何がいけないのだろうか。」

と色々と学び、思考することで気付いたんですね。

 

記事を書くことの本質は何なのかということを。

 

そこからは、舵を切り直してメディアの再構築をしていった結果、狙ったキーワードで1位とか、2位とか、3位とかの記事が出てくるようになりました。

 

もちろん、それに伴いアクセスも増え見込み客も獲得できています。

 

 

ブログ集客で成果の上がらない人の共通点

 

ブログ集客を始めたばかりの私や成果の出ていない方には3つの共通点がありました。

 

1.記事を更新すれば良いと思っている

 

記事を更新することそのものは今なお間違っておりません。

 

ただ、言葉の表面づらだけを捉えて記事を更新することそのものが目的化してしまっていたのですね。

 

当然、そこには何の意図もなく記事のネタになることを探しては文章にするということだけでユーザーのことはおろか、もしかすると自分のことさえも見えていなかったかもしれません。

 

記事を更新することは非常に大事なんですが、前提としてユーザーの為になることが大前提です。 その視点が失われてしまった記事には価値などあろうはずもないのです。

 

2.自分のことばかり考えている

 

先の項目とかぶってしまいますが、最終目的が集客にあるとは言え、リスト取りばかりに気を取られてしまうと記事の質が低下してしまいます。

 

その目的を達成するのはLP(ランディングページ)に任せておいて、ブログ記事の役割はあくまでもユーザーの抱える問題を解決する為にあるということをわすれてはいけません。

 

ユーザーが求めているのは問題解決であって自分の個人情報をさらけ出して目隠しされた情報をもらうことではないのですね。

 

ユーザーが個人情報をさらけ出すのは、あくまでもメディアへの信頼が高まってからのこと。 当時はこのことにさえ気付いてませんでした。

 

3.Googleを完無視している

 

ユーザーの為になる記事を書くことが重要だとは言え、アルゴリズムと呼ばれる検索エンジンの検索結果の順位を決めるルールがある以上、最低限押さえておかないといけないルールもあるはずだ。

 

と、今なら分かるのですが当時はそんなことまで気が回らなかったと言うか、思いもつかなかったというくらいの記憶でしかありません。

 

そのくらいGoogle様を無視した独りよがりな記事の作成をしていたんだなと今になって思います。

 

もしかすると、SEOの知識を得ようとして難しすぎて分からない振りをしていただけかもしれません。

 

でも、やっぱりあるんですよね。 ここだけは押さえておきましょうよ、という記事の書き方が。

 

この記事の書き方を押さえずしてGoogle様に評価して頂くことはやはり難しいと言わざるを得ません。

 

 

正しい記事の書き方を知らなかった

 

上記の3つの間違いに気づくまでは思うような成果が出ませんでした。

 

でも、色々と学び、思考することで記事の書き方が一定のレベルで形になってきたのです。

 

そうすることで、 アクセスが集まるようになり お問い合わせがくるようになり 見込み客が集まりだしたのです。

 

もし、今でも正しい記事の書き方をマスターしていなければ、とうの昔にブログ集客は諦めていたことでしょう。

 

 

正しい記事の書き方ができればアクセスが集まるようになる

 

正しい記事の書き方を知れば、記事をかくことそのものが楽になります。

 

なぜなら、記事を書くことに納得感が得られるから。

 

なんとなく記事を書いている時は、たとえ10,000文字の記事を書いたとしても

「本当にこれで良いのだろうか」

と不安だらけだんですよね。

 

正しい記事の書き方ってそれだけで記事が書きやすくなるのはいうまでもありません。

 

加えて・・・

 

 

ユーザーにもGoogleにも喜ばれる記事になる

 

そもそもGoogleの考える検索エンジンの在り方ってどうなんでしょうか。

 

これは、私がGoogleに聞いたわけでもなければアルゴリズムにあるわけでもありません。 あくまでも私見ではありますが多くの方が賛同するところだと思います。

 

それは・・・

 

ユーザーが解決しようとしている自分が抱える問題に対して最適な回答を提示することです。

 

そして、ある意味無限にも近いインターネット上の情報から最適な回答をチョイスする為にアルゴリズムがあると。

 

さらに、より最適な回答をチョイスする為に日々進化し続けている。それがアルゴリズムのアップデートでありGoogleの進化そのものなのです。

 

と言うことは・・・

 

ユーザーから喜ばれる記事=Googleから喜ばれる記事 だということ。

 

つまり、記事を作成するにおいてはユーザーから求められる回答を用意すると共にGoogleにチョイスしてもらいやくすることがとても重要だということです。

 

 

でも、それが分からないんです。。。

 

ここまで読んで頂いて、正しい記事の書き方をすることが重要であることはご理解頂けましたでしょうか。

 

「重要なことは分かったんだけど、もう少し具体的に教えてくれないと、本を読んでも難しいし色々なことが書かれていて何が正しいのか分からないんだよな。。。」

 

このように思われているかもしれません。 そんなあなたの為にこちらを用意しました。

 

 

マスターブログコンテンツ

 

こちらの講座ではブログ型のメディアで集客していく上で短期対策として今すぐ取り組める記事の作成方法について詳しくお伝えするものです。

 

コンサルティングさせて頂いているクライアントさんから記事の見本を見せて欲しいと言われて書いた記事がとあるツールを使って点数化したところ93.6点を叩き出しました。

 

また、別のクライアントさんの例ですが元々16点だった記事を改善サポートをして改善して頂いたところ、92.4点とこちらも私が驚くほど質の高い記事が出来上がったということで自信をもってお伝えする方法です。

 

今回の講座の内容を紹介すると・・・

 

 

動画講座の内容は・・・

 

今回の講座は動画コンテンツとしてお届けします。

 

本当は記事の作成方法だけに特化したものとしてお伝えする予定だったのですが、記事の作成という範囲を考えているうちにあれもこれもと広がっていき、超ボリュームのコンテンツとなりました。笑

 

Master Concept(マスターコンセプト)

第1章 コンセプト

第2章 全体像を理解する

第3章 テーマサイズを決める

第4章 コンセプト!コンセプト!コンセプト!

 

Master Keyword(マスターキーワード)

第1章 キーワードを知る

第2章 キーワードの選定方法

第3章 キーワードの設定方法

番外  ネガティブキーワードを活用する

 

※マスターキーワードは既にあなたがお持ちのコンテンツです。  実は、マスターキーワードはマスターブログコンテンツの教材の一部でした。

 

Master Composition(マスターコンポジション)

記事リストをカテゴリーに分ける

 

Master Article(マスターアーティクル)

第1章 1記事1対策キーワード

第2章 Googleを理解する

第3章 良質な記事を書く

第4章 記事作成準備

第5章 記事作成

第6章 導入文・本文・まとめ構成

 

Master Image(マスターイメージ)

3つの画像を使い分ける

 

 

さらに特典をお付けします!

 

画像の質を高める3種の神器

 

記事の作成において欠かすことのできない画像。

 

画像は単なる飾り、アイキャッチの為だけにあるのではありません。

 

そもそもGoogleはAIの導入により画像の質の良し悪しを評価対象の1つとしています。

 

どこでも誰でも使っている画像をただそのまま使っているだけでは、せっかく天塩を掛けて作成した記事の質を低下させる材料になってしまいます。

 

つまり、オリジナリティであることが重要であると。

 

とは言え、外注して画像を作成してもらおうと思えば1点当たり10,000円くらいかかってしまいます。頑張って交渉しても5,000円くらいかな。

 

1記事に複数の画像を要しすることを考えると画像作成を全て外注してしまうことは現実的ではありませんよね。

 

そこで、質の高いオリジナル画像を自らの手で作り出すための画像作成3種のツールをご紹介します。 これらのツールを使いこなすことで質の高い画像をバンバン作成することができます!

 

 

気になる費用は・・・

 

私がこれまで記事の作成法に関する学びに投資してきた金額を考えると相当安いものとなります。笑

 

とは言え、記事の作成法を学ぶだけの講座に多額の費用は掛けられない。。。と思われる気持ちもよくわかります。

 

なぜなら、私がそんな感じで安くて質の低い教材や講座にお金を投じてきた苦い経験があるからです。

 

結果として大した成果は得られませんでしたが。。。

 

ただ、費用の高い低いは金額で決まるものではありません。

 

たとえ、1,000万円の商品であっても確実に1,100万円になって返ってくる投資があったら絶対に買いますよね。 それこそ、借金をしてでも買うはずです。

 

つまり、費用の高い低いは金額で決まるものではなく、得られる価値によって決まるものだということです。

 

あなたは今回の講座の価値をいくらで見積もりますか?

 

なんて遠回しなことは言いません。スパッと申し上げますね。

 

ズバリ、39,800円(税込)でご案内させて頂きます。

 

これまでメルマガ読者さんには先行販売でお安く提供していました

 

これまで新商品を販売する時には私のメルマガ読者様を優先的に先行販売として特別価格で提供してきました。

 

そして、今回も変わりなくメルマガ読者さんには特別価格で提供いたします。

 

その金額は29,800円(税込)となります。

 

でも、このページをご覧いただいているあなたには・・・

 

 

マスターキーワードを手にして頂いたあなたにはさらにお安く提供します

 

そうなんですよね。

 

『マスターブログコンテンツ』のプログラムの1つである『マスターキーワード』を既に手にしているあなたには当然のことながらその分をお値引きさせて頂きます。

 

でも、それだけでは面白くないですよね。

 

もともと、『マスターキーワード』は今回の講座を作成する前提で作成したものでした。 いわばコンテンツの一部を切り取って販売したに過ぎません。

 

そして、『マスターキーワード』を手にしたあなただからこそ、今回の講座の価値がご理解いただけるものと思いますし、だからこそ、今すぐ即決できるサービス価格にて提供させて頂きます!

 

マスターブログコンテンツ
通常価格 39,800円(税込)
↓↓↓↓↓↓
マスターキーワードを手にした方限定特別サービス価格
19,800円(税込)

 

 

お申込みはこちらから

【銀行振込】ご希望の方


           一般価格(39,800円)
    限定価格(19,800円)


    銀行振込




    登録後すぐに入力されたメールアドレスに 自動返信メールをお送りいたしますので ご確認下さい。 入力されたメールアドレスに間違いがある場合 メールが届かないので充分ご注意下さい。

    【PayPal (ペイパル)】ご希望の方


             一般価格(39,800円)
      限定価格(19,800円)


      PayPal (ペイパル)




      登録後すぐに入力されたメールアドレスに 自動返信メールをお送りいたしますので ご確認下さい。 入力されたメールアドレスに間違いがある場合 メールが届かないので充分ご注意下さい

      特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー