記事を更新しているがアクセスが集まらないと悩んでいるあなたへ 

Googleの評価基準を満たした対策でとあるツールで11.2点の評価だった記事が97.4点になった方法を知りたくないですか

記事のSEO短期対策である『コンテンツ』の作り方と『タグ』の設定の仕方をマスターして検索上位をGETしよう!

 

まずは、成果をご覧ください。

 

befor-after

※クライアントとの守秘義務契約により記事の内容は明かせません。

 

こちらは、とあるクライントのメディアに掲載していた元記事をGoogleの評価基準に沿ってリニューアルして頂きました。そして、その記事をとある有料ツールで点数化したところ『コンテンツ』の項目において大幅に改善された結果を示しています。上記の画像はそのキャプチャー画像です。

 

Googleの評価基準には、被リンクなどの長い時間を掛けなければ対策の打ちようもない部分もありますが、一方でコンテンツの質など短期的に対策を打てる部分もあります。
(※被リンクは意味ないといような論調もありますが、被リンク自体がダメではなく、むしろ、未だに上位表示させる基準として大きなウェイトを占めています。ダメなのは無駄な被リンク。自作自演の被リンク対策が無駄だということです。)

 

短期的な対策を打つことでGoogleに評価してもらうことは有効なのです。

 

 

 

今すぐ申し込む

 

 

 

あなたは今、こんなことに悩んでいませんか?

  • 記事を更新しているけどアクセスが集まらないのはなぜ?
  • 記事には文字数が必要だと言うけれどどのくらい書けば良いの?
  • いろいろなキーワードがあるけれど何が大事?
  • キーワードってどう使えば良いの?
  • そもそもhタグって何?
  • 画像は必要?無料のもので大丈夫?
  • リサーチが大事って言うけれど何をどのようにリサーチすれば良いの?
  • 独自SSL化していないといけないらしいけど自分のはできている?
  • スマホでも見れるけどスマホ対策って何?

 

これらのようにホームページやブログにアクセスを集めたいが、どのようにすればアクセスが集まるようになるのか具体的な方法が分からず困っているのであれば、この先を読んでください。

 

冒頭のビフォーアフターもそうですが、記事を書くことが初心者の方でもポイントを押さえることで同様の成果を上げることが可能です。

 

「でも、簡単じゃないよね。」

 

そう思いましたか?
その不安、ものすごく分かります。

 

なぜなら・・・

 

私自身、あなたと同じ不安を抱えていたからです。

 

実は、私がブログで集客を始めたのが2014年でした。

当時、ブログ集客で学んだことは「とにかく記事を書くこと」でした。

 

とにかく毎日記事を更新し続けた結果、1年後どうなったかと言うと・・・

 

アクセスが集まるようになりました!
それなりに。

 

その後、徐々にアクセスは増えていくものの、今一つパンチ力がありません。
記事を更新する労力に対する対価としては満足いくものではなかったのです。

 

「記事をただ更新するだけではダメ。」

 

これが私の答えでした。要は記事の質を高めないと。

 

それから試行錯誤の上、質の高い記事を書くことであらゆるキーワードで検索上位を手に入れ、アクセスも集まるようになったのです。

 

今ではWEB広告も取り入れ、1件のお問い合わせから年間約20,000,000円の受注があったりと新規集客に関してはホームページなしでは考えられない状態です。

 

これは、Googleの評価基準を満たした対策のおかげです。

 

今でこそ、Googleの評価基準を満たした対策が必要なことを理解している私ですが、そのことに気付かず、ただ記事を更新し続けていたら・・・

 

今、思えばゾッとします。

 

質の高い記事とは

 

質の高い記事とはどういうものでしょうか。

 

もちろん、記事を読んでくれるユーザーが抱える問題を解決してくれる記事です。ユーザーはなんらかの『検索意図』を持って検索エンジンの検索窓の中にキーワードを入力します。

 

この検索意図を満たした記事を書くことこそが質の高い記事と言えるわけですね。

 

そして、Googleもこの質の高さまでキャッチして記事の評価をしています。つまり、質の高い記事がそのままGoogleからの高い評価を得て、結果、検索上位表示されるということ。

 

だからこそ、質の高い記事を書かなければいけないのです。

 

ただ・・・

 

Googleが質の高さまでキャッチして記事の評価をするわけですが、そもそもキャッチできなければ記事の評価ができるはずもありません。

 

つまり、記事の質が高いと評価するにはそれなりのルールがあるということで、これがまさしくGoogleの評価基準を満たすということなのです。

 

Googleの評価基準を満たした
具体的な対策方法を伝授します

 

なんだ、Googleの評価基準を満たせば良いのか・・・

 

とは思っていないですよね。

 

検索結果を決めるルールのことをアルゴリズムと言いますが、このアルゴリズムは日々進化しています。

 

それこそ、AIの導入によりその進化のスピードは増すばかり。一個人がアルゴリズムを追いかけ続け、且つ、記事の修正をし続けるのは無謀とも言えます。

 

では、どうすれば良いのか。

それは・・・

 

最低限、押さえておかなければならないポイントをしっかり押さえ、日々進化するアルゴリズムの中でも変わらない本質をつかんで記事の更新をすれば良いのです。

 

そして、この手紙をご覧いただいているあなただけにそのポイントをお伝えすることにしました。

 

ハイスペックSEOのご案内

 

ハイスペックSEOでは、Googleの評価基準を満たした対策を1つ1つ分かりやすく解説します。

 

Googleが公表している「品質評価ガイドライン」をGoogleの特許技術に照らして分析した検索アルゴリズムに対する対応策を具体的にメールを活用してお届けするもので、基礎コンテンツだけでも約1か月半に渡って合計42通のメールを送ります。

 

さらに・・・

 

実はもともとこの42通だけの教材だったのですが、私のスキルアップと共にコンテンツも随時追加され、今では(2020年5月現在)80通以上のボリュームとなっております。

 

あなたもGoogleの評価基準を満たした具体的な対策方法をお伝えする『ハイスペックSEO』で検索上位をGETし、アクセスを増やして、売上を上げてください。

 

ハイスペックSEOで学べる事

 

ハイスペックSEOではこんなことが学べます。

 

1.RankBrainとは

下線

 

RankBrainとはGoogleの人工知能(AI)が検索クエリから機械学習し、言葉の成分から意味を解析することでユーザーニーズを反映した検索結果を表示するものです。

 

もう少し簡単に言うと、検索窓に入力された意味を自動的に理解するようした
ということ。
言葉の文字列ではなく言葉の意味を捉えるようになりました。

 

 

2.ナレッジグラフとは

下線

 

ナレッジグラフとは、単に検索キーワードを含む情報を検索結果に表示するのではなく、人物や作品、場所などあらゆる物事についてそれぞれの情報の関係性や属性を認識、把握した上で、それを反映した検索結果を表示する機能です。

 

検索キーワードが・・・

 

場所なのか

人物なのか

作品なのか

 

などを識別します。

 

そして、これらについての基礎情報、関連情報をサマリーとして検索結果上に直接表示されるようになりました。

 

 

3.キーワードについて

下線

 

基本的なキーワードの選定基準は『ニーズ』の高い低いと『検索ボリューム』の多い少ないのマトリックスから考えます。

 

大原則としては検索ボリュームの多い少ないに関わらずニーズの高い2つの層を狙っていきます。

 

 

4.ディレクトリ名のつけ方

下線

 

ディレクトリ名は、クローラーに理解しやすいディレクトリ名を付けるようにします。

例えば、『アクセスアップ』がメインキーワードならディレクトリは『access-up』という名前のフォルダ内にhtmlを格納するか、htmlファイル名に『access-up.html』と付けるということです。

 

 

5.Canonicalタグの設置

下線

rel=”canonical”タグは同⼀ページのURLをクローラーに示唆するのに利用されます。

 

これにより重複コンテンツによる評価減とペナルティを防ぐ事ができます。

 

ただし、canonical(カノニカルタグ)はあくまでもクローラーへのシグナルであり、必ず処理されるわけではありません。ときには無視される場合もあります。

 

 

6.hタグの正しい使い方

下線

 

サイトの構成と同様にページの構成によって、検索エンジンのインデックスに登録されやすい・されにくい・・・がありますし、検索エンジンからの評価も上下します。

 

そして、ページの構成を成す重要なタグがhタグとなりす。

 

 

7.構造化マークアップの記述について

下線

 

構造化マークアップを利用して検索エンジンに正確な情報を伝えてください。

 

構造化マークアップでよりニッチな検索スニペットにでき、ユーザーが探したいページを簡単に見つける手助けになります。

 

そうすることで検索順位毎の理論値よりもはるかに上回るクリック率を実現する可能性があります。

 

ここに挙げたのはハイスペックSEOでお伝えする内容の一部です。本教材の中ではこれ以上に濃い内容のものが基礎コンテンツだけで42通。さらに追加コンテンツとして40通以上(2020年5月現在)のボリュームとなっております。

 

気になる価格ですが・・・

 

「ハイスペックSEO」でSEOの短期対策の基礎を学び正しい知識を得ることができたら、必ず検索順位が上昇し、アクセスが集まるようになり、結果、売上がアップする仕組み作りができるようになる、そう確信しています。

 

ユーザー様の中にも、アクセスが集まらない、集客ができない、売上が上がらずに悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

 

一人でもGoogleの評価基準を満たした対策方法を学び、今お持ちの悩みを解決してもらいたいと本気で思っています。

 

ですので、本気で売上アップしたい、集客の仕組みを作りたいという方に手に入れていただきたいと考えています。

 

でも、「ハイスペックSEO」を安売りして、私たちがクライアント様に提供している価値を落としたくはありません。

 

「ハイスペックSEO」をいくらで提供するのかは、本当に悩みました。

 

「ハイスペックSEO」を実践することで、検索順位が上昇し、アクセスが集まるようになります。結果、集客ができて、売上も上がる。

 

その成果たるや金額ベースにしていくらくらいでしょうか。

 

ちなみに、弊社では1件のお問い合わせから年間売上約20,000,000円を達成したお客様を掴むことができました。

 

粗利が2割としても4,000,000円です。
3割なら6,000,000円。5割なら10,000,000円の粗利益が見込める受注。

 

これほどのポテンシャルを持った内容であれば、1年間で獲得できる利益額(仮に年間売上がトータルで10,000,000円で、粗利が10%であったとしても100万円)を先行投資することは決して高くはないはずです。

 

しかも、1回の受注で終わりではありません。1度作った記事は多少のリニューアルは適宜必要であるとは言え、基本的にはそのまま放置でOK。その記事は何もせずとも完全放置で未来永劫働いてくれます。まさしく1日24時間365日休まず働き続ける営業マンに成り代わってくれるのです。

 

ただ・・・

 

手の届きづらい価格にすることで多くの方が諦めざるを得ないことになることを考えると大変忍びない気持ちにもなります。

 

そこで!

 

個別のコンサルティングのようにあなたに専用にカスタマイズした内容でお届けするものではなく、この教材を手にした方が一様に成果を上げて頂けるような仕上がりになっていることを考慮し、本教材を適正価格に近い398,000円で提供させていただきます。

 

 

特別価格のご案内

 

とは言え、我々中小零細企業や個人事業主・店舗ビジネスオーナーさんにとって398,000円という価格は決して安い金額でないことも承知しております。

 

それでも、縁あってこの手紙を手にし、ここまで読まれているあなたには、なんとかハイスペックSEOを手にして頂き、短期SEO対策を実践して売上アップに繋げて頂きたいのです。

 

そこで、期間限定ではありますが正社員を1か月雇う金額よりも低いという手にして頂きやすい

 

149,800円(税込)

でご提供することにしました。

 

ただし、特別価格でのご提供とさせていただき、販売期間が終了しましたら値上げする予定となっています。

 

あなたもGoogleの評価基準を満たした短期SEO対策で売上をアップしたいなら、今すぐ「ハイスペックSEO」を手に入れて、目指すビジネスモデルを構築するための基礎を習得してください。

 

 

 

今すぐ申し込む

 

 

 

金銭的リスクは一切ございません

 

もし、あなたが「ハイスペックSEO」を実践したにもかかわらず、売上アップができなかった場合には、全額返金させていただきます。

 

「ハイスペックSEO」で売上UPができるようになると心から確信しています。

 

あなたの期待に応えられなかった場合は、理由を聞くことなく全額返金させていただきます。

 

返金保証

※購入から3ヶ月間は実践期間としてご返金はお断りさせていただいております。
※返金のご連絡は、ご購入から3ヶ月実践後180日以内にお電話(平日10:00~17:00 06-6754-5225)にて申請してください。

 

ただし、以下のような方は固くお断りいたします

⇒ハイスペックSEOの内容だけ見て、一切売上アップの仕組み作りを行わない方
⇒返金目的でご購入される方
⇒情報収集目的でご購入される方

「ハイスペックSEO」は、SEO対策の具体的な方法が分からない方のために、記事の書き方による短期的SEOの基本をお伝えしています。

そのため、本気で取り組む意思のある方だけが手にとって欲しいと考えております。
短期SEOで売上アップする気がない方や興味本位でご購入されないようにご注意ください。

 

 


 

ハイスペックSEOを購入すれば、本当に集客ができるようになりますか?

はい。ハイスペックSEOでお伝えする内容通りに短期的SEO対策をし、集客の仕組みを作れば、集客はできます。
ただし、ハイスペックSEOでお伝えする内容を読み飛ばしたり、全体像を理解せずに自己流に対策をすると成果を上げづらくなりますので、必ずハイスペックSEOの内容を精読いただくようにお願いします。

ネット上で記事を読んだくらいの知識がないのですが、こんな自分でも実践することができますか?

もちろん、可能です。
短期的なSEOを学び、集客の仕組みを作るために経験、年齢などは一切関係ありません。
正しい知識を身に付けることで、短期間のうちに正しい記事の書き方が身に付き、Googleに評価される記事の構成に着手できます。

どのような職種にも使えますか?

はい。はい。ハイスペックSEOでは、Googleの評価基準を満たした短期SEO対策の方法をお伝えしていますのでオンライン集客であればどの職種でも活用できます。

広告からの集客のノウハウも教えてくれるのでしょうか?

ハイスペックSEOでは、Googleの評価基準を満たした短期SEO対策の方法をお伝えしています。
SEOのためのライティングとランディングページやセールスレターなどの行動を促すためのライティングとは似て異なるものです。

サポートはありますか?

いいえ、教材コンテンツをお送りするメールでは、1記事1コンテンツということで丁寧に分かりやすくお伝えしています。
そのため、ご購入後のサポートは行っておりません。ご了承ください。

 

 

 

 

今なら下記も特別プレゼント!

下線

 

グレジョイ

ハイスペックSEOで良質な記事が書けるようになり、検索上位に表示され、アクセスが集まるようにあり、集客ができるようになった暁には、ぜひともリストマーケティングを実践してください!

 

そのためにも早期に導入して頂きたいのがメルマガ。

 

LineやMessengerが広く使われるようになってからオワコンと呼ばれるようになって久しいメルマガですが。

 

LineやMessengerでは思うように成果が出ずに、今なおリストマーケティングの主役を担っているのがメルマガです。

 

このメルマガを配信するために必要なメールマーケティングシステム(当社オリジナル配信スタンド)を3ヶ月間無料でご使用いただける権利を差し上げます。

 

様々な機能を盛り込んだ高機能なメールマーケティングシステム『グレジョイ』の基本的な機能は次の通り。

 

・専用サーバー(個別IPを割り当て)
・独自ドメイン設定(好きなドメインを設定可)
・メルマガシナリオ数無制限
・配信アドレス作成機能(転送設定可能)
・メルマガ配信機能
・タグ&差し込み文字機能
・予約配信機能(最長730日後まで)
・添付メール機能(最大5MBまで)
・配信条件設定機能
・ステップメール配信機能(999通まで)
・ステップメールCSVインポート機能
・短縮URL機能(自動的にすべてのURLを短縮)
・クリックログ保存(短縮URLのクリックログを保存)
・ユーザー属性管理機能(登録者に10項目の属性記載可能)
・ブラックリスト機能(個別メルマガ&アカウント内)
・登録フォーム作成機能(タグ出力も可能/無制限作成可能)
・メルマガ設定コピー機能

 

お申込みはこちらから

【銀行振込】ご希望の方


¥149,800(税込み)


銀行振込





登録後すぐに入力されたメールアドレスに 自動返信メールをお送りいたしますので ご確認下さい。 入力されたメールアドレスに間違いがある場合 メールが届かないので充分ご注意下さい。

【PayPal (ペイパル)】ご希望の方


¥149,800(税込み)


PayPal





登録後すぐに入力されたメールアドレスに 自動返信メールをお送りいたしますので ご確認下さい。 入力されたメールアドレスに間違いがある場合 メールが届かないので充分ご注意下さい

特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー